愛子さまは羽生選手が好き?意外にミーハーな一面

スポンサーリンク

愛子さまとスケート

愛子さまが生まれて初めてスケートを体験したのは、2006年1月31日といわれています。この時愛子さまは、5歳で皇太子さま、雅子さまも一緒に楽しんだとされています。


この年の5月にトリノ冬季五輪入賞者ら慰労茶会で皇太子さまは、スピードスケート選手の岡崎さんに対して「愛子は今ふぃぎあスケートをやっている」と語っています。それからというものほぼ毎年、家族でスケートを楽しむ事がお決まりとなりました。


愛子さまは、スケートの腕が落ちないように赤坂御用地内でローラーブレードで練習し、特訓を積んでいたといわれています。

愛子さまのスケートは佳子さまの影響?

秋篠宮佳子さまは小学2年生の時にフィギュアスケートを始めています。
「2005年スプリングトロフィー・フィギアスケート競技大会」の小学4年生以上の部で優勝した経験もある実力派になります。
愛子さま4歳のころ、佳子さまのフィギアスケート大会での活躍をご覧になり、「私も佳子さまみたいになりたい」と憧れをもったといわれています。
それから愛子さまは熱心にスケートを行い、愛子さまのコーチには元スピードスケートオリンピック日本代表長久保初枝さん(75歳)が付いていました。
時が経ち、2009年の愛子さまにスケート記録はなく、2010年以降は今までと違う江戸川区スポーツランドのスケートリンクに変更しています。
原因は不明ですが、佳子さまと一緒の明治神宮外苑アイススケート場から変更されています。

愛子さま、羽生選手がお気に入り

mH

愛子さまとスケートは縁が深く、2014年ソチ・オリンピックでは羽生選手の演技に見入っていたそうです。
そして学校のご友人に、「どうすれば羽生選手の写真は手に入る?」「写真が欲しい」と相談していました。
2014年7月中旬に行われたソチ・オリンピック選手を招いたお茶会では、皇太子さまを通じて自分の聞きたいことを羽生選手に伝えています。
皇太子さまは、愛子さまから「羽生選手にあったら聞いてきて」と言われ、実際に羽生選手に「愛子さまから“”得意なジャンプは何ですか“」と聞き、「アクセルジャンプが好きです、得意です、とお伝えください」とやり取りがありました。
その結果を聞いた愛子さまの笑みが想像できますね。

スポンサーリンク