愛子さまの不登校の現状と、原因・・・いじめや暴力/雅子さまの対応は?

投稿日:2015年4月3日 更新日:

スポンサーリンク

 

不登校の原因

2010年3月5日、東宮大夫から
初等科2年生の愛子様が数日間学校を欠席していること、

またその原因が学習院初等科の男子児童が
愛子様を含む児童達に乱暴していることを挙げました。

ただ、この“乱暴”については、
愛子様は直接乱暴を受けたのではなく、
乱暴している場面を見てショックを受けてしまった
というのが学習院側の説明でした。

この問題については、
東宮側が学習院側とよく話し合いをしないまま発表してしまったことで、
余計な憶測が飛び交いました。

また、東宮職から説明を受けられた両陛下は、
「いずれかが犠牲になる形で解決が図られることのないよう、十分に配慮を払うことが必要ではないかと思う」
というお言葉を述べられました。

これは一方的に会見で愛子様がいじめられているような形で
公表してしまった東宮家へのご注意とも取れるのではないでしょうか。

乱暴な男児とされた子達のことは未だにネット上で取り上げられたり、
現在の学習院初等科では学級崩壊が起きているなど様々なことが報道され、
両陛下の危惧は当たった形になってしまいました。

雅子様の対応

登校に強い不安を覚えられた愛子様に対し、
雅子様はしばらく愛子様の登校に付き添い、
教室の後ろで愛子様を見守られ、
お昼は別室でお二人だけで召し上がるということが続きました。

国民も1~2か月すれば、学習院側も対策を取るだろうし、
愛子様も落ち着かれるだろうと思ったのですが、
雅子様のお付き添い登校はなんと1年9カ月も続きました。

それでも、乱暴な男児とされる子達と顔を合わせるような全校集会などは、
愛子様は欠席されていたようです。

そして、雅子様が社会科見学や2泊3日の校外学習にも付き添われるに至り、
これではいつまで経っても愛子様がお一人で登校できない、

また雅子様は公務はお出来にならないのに、
毎日学習院へは行けるのかといった批判的な意見が出るようになってしまいました。

また、雅子様がお出かけになるには大勢の警備が付くので、
そういったことに気を遣われる他の皇族と比べられるということもありました。

中学生になって

中学校の入学式の際、明るい笑顔を見せられた愛子様ですが、
中学生の2学期になってからは、また不規則登校が始まったようで、
午後から登校されたり、定期試験を受けなかったりといった状態の様です。

愛子様は、皇太子様が外国に行かれている間は特に登校時間が遅いと言う話もあり、
雅子様とお二人で夜遅くまで起きているのではないかという憶測も飛び交っています。

また学校側も愛子様については、
初等科の時より厳しい箝口令を敷き、
ネットに愛子様のことを書くのも厳禁。

このようなピリピリした雰囲気に、
「うちの子を(愛子様と)別のクラスにして下さい」
と申し出る保護者までいるとか。

いじめ問題は終結したようなので、
愛子様がお友達と楽しく、
のびのびとした学校生活を送られることを望んでやみません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 皇室の話題 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.