愛子さまの家庭教師は何を教えるのか?経歴や選ばれたワケなど

スポンサーリンク

2014年10月愛子さまの家庭教師交代


本当の理由は不明でありますが、愛子さまの中等科進学に伴い家庭教師が変更になりました。


今まで約3年務めていた糸川順子さんに代わり、大橋志津江さんが採用されました。


大橋先生の教員時代の専門は数学になります。


家庭教師といっても、非常勤の国家公務員になります。


愛子さまは現在学習院女子中等科で、中学校レベルの数学を学びますが、大橋志津子先生は元高校の先生です。


愛子さまの数学苦手っぷりを克服しようとする様子が伺えますね

愛子さまの学力

今回の家庭教師交代で、愛子さまは数学が苦手なのかな、とも思われますが、実際にはそうでもない様子です。
2014年初等科を卒業した愛子さまの成績は、通信簿ほぼオール5、偏差値は72と大変優秀な成績を収めています。
中学コンサルタントの森上教育研究所によると、愛子さまの学力は全国的にみてもかなり上の方といわれています。
そのため数学も完ぺきではないものの決して悪いというわけでは、ないようです。

家庭教師に求められるモノ

新しく家庭教師に選ばれた大橋先生は、スパルタ指導者として知られています。
鬼軍曹とも異名をもち、授業は分かりやすく、生徒をえこひいきしない、励ましながら根気良く教えてくれる先生として知られています。
一方、教わる側の愛子さまは、中等科に進んでからも登校拒否や遅刻など国民の見本となる行動には至っていません。
また思春期に入ったこともあってか、母である雅子さまに対して「お母様も公務を休むのに。。。」と愚痴をこぼしています。
愛子さまにとって本当に必要なものは、“しつけ“や”“マナー”となってきているのかもしれません。
現在、学習院側と愛子さま側では意見のずれが生じているようです。
学習院の教育方針を一奪する場面が愛子さまには多々あり、学習院OBは「辞めていただいてもかまわない」と強気な態度になっています。
今回の家庭教師人選で愛子さまが変われば、すごいことですよね。

スポンサーリンク