佳子様や眞子様などの皇族方はバイトできる?・お小遣いや収入は

Sierra Exif JPEG

皇族の就職

皇族の方々が、民間の会社に新入社員として入られることは今のところありません。その代わり、皆さん種々の非営利団体や各種行事(オリンピックなど)での名誉総裁等を務められます。

女性皇族も、皇后陛下は昭憲皇太后の代から日本赤十字社の名誉総裁を務められ、他の妃殿下方も必ず副総裁に就かれています。

その他の名誉総裁としては、秋篠宮様のテニス協会や秋篠宮妃殿下の結核予防会、高円宮妃殿下の日本サッカー協会等は有名ですね。

紀宮様はお給料を

皇族方は大学や研究所で研究を続けられることがありますが、黒田清子さんはご結婚前に旧皇族が創立した「山階鳥類研究所」の非常勤研究員をされ、お給料を支給されていました。また、そこから所得税もちゃんと引かれていたそうです。

他に、高円宮家の承子様が早稲田大学を卒業された後、公益財団法人日本ユニセフ協会の常勤の嘱託職員になられています。

アルバイト

皇族がバイトをすることについて、禁止されているような規定はないでしょうが、実際には無理かなと思います。
まず、学生の頃から公務を少しずつなさって行く点。

そして、警備上の問題。この「問題」と言うのは警備が大変と言うのではなく、警備の方がお店なり、ましてや家庭教師をしている皇族方の傍にいるというのは、一般人からすると相当異様な雰囲気に見えてしまうという意味です。

ICUの文化祭で眞子様が売店に立っていらしたと言う話も聞きます。「眞子様ですか?」と聞くと「はい、そうです」と答えられたとか。バイトではありませんが、これは眞子様にとってはバイトのようなもので、珍しく、また楽しい経験だったのではないでしょうか。

収入・お小遣い

皇族は、天皇皇后両陛下及び皇太后、皇太子一家には毎年「内廷費」というものが支払われています。これは合わせて3億2400万円で、天皇及び皇太后や皇太子家の日常の費用に充てられます。内廷費は公金扱いでは無いので、これが給与(収入)に当たります。

それ以外の皇族方には「皇族費」というものが支払われています。全皇族費を合わせて約3億円です。

この中から、各宮家でお子さん達にお小遣いを上げているかもしれません。高校や大学に通うようになると、学食を利用したりするでしょうからお小遣いが全く無いと言うのは今の時代では無理でしょう。

また、陛下の3人のお子様方は目白のお店でほんの時たまですが、お見かけしましたし、お店のそとにSPが立っていたりすることがありましたから、お小遣いでお友達とお茶やお食事をされていたのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク