デヴィ夫人は皇室を敬愛している?皇位継承問題での発言や竹田恒靖との確執について

投稿日:2015年3月4日 更新日:

スポンサーリンク

 

デヴィ夫人のブログは度々話題のタネとなっています。歯に衣着せぬ物言いで、気持ち良いと感じる人もたくさんいます。言いたいことはハッキリ言うデヴィさんですが、皇室に関しての記事を書かれる事が多い印象です。

皇室好き?

デヴィ夫人は戦前生まれでもあり(1940年2月6日生まれの75歳!お若い!)、 また外国で暮らした経験が長いこともあるのでしょうか。 皇室を尊敬する気持ちを大変強くお持ちの様で、常に表明しているようです。

日本人以上に日本人らしいとも言える精神性をお持ちのデヴィ夫人ですが、国籍は未だにインドネシアです。 これは1962年に当時インドネシアの大統領であった スカルノ氏と結婚したためです。

彼女はスカルノ大統領夫人になってから、 王族のような暮らしを経験していますし、 大統領失脚後ヨーロッパの社交界にデビューし、 各国の一部の王族とも交際があるようにも聞いています。

ですから、日本の皇室が果たしている役割や、 皇族方のご苦労なども私達よりはわかっているのでしょう。

皇太子と雅子様の皇位継承に危機感?

デヴィ夫人は先年、 皇太子と雅子様に皇位を弟宮の秋篠宮様に譲るよう、 署名活動までしています

彼女がここまで皇室を心配するのは、 恐らく天照大御神から現在まで繋がる日本の皇室の存在・行事の大事さと、 公務が出来ないのにご実家のご家族とは しばしば会われている雅子様に対する彼女自身の正義感のように感じます。

愛子様・雅子様に対し非常に厳しい印象

デヴィ夫人は何より雅子様がご病気で 公務が出来ないことに危機感を覚えているようです。確かにこのままでは皇后陛下になられても、 公務も神事も行えないでしょう。

そして、デヴィ夫人は雅子様のご実家は 新興宗教の信者であると断定しています。 もしこれが原因で雅子様が神事を行わないなら、 それは筋違いと言うものでしょう。

美智子様もクリスチャンから神道に 宗旨替えをなさいましたし、 ヨーロッパの王室も結婚の時、 お二人の宗教が違う場合はどちらかが相手と 合わせることが決まってから結婚されています。

ですから、雅子様も皇太子様と結婚なさる時、 それまで信じていらした宗教がなんであれ、 神道を信仰することになるのはわかりきったことだと思うのですが・・・。

デヴィ夫人は愛子様についても、 立ち食いをしていたとか、ゴミを人に押し付けたとか書いていますが、 これらはデヴィ夫人が直接見たことではないと思うので、 あまり非難するような書き方はしない方が良いのではないかと思いました。特に子供のことですから。

ただ、デヴィ夫人が言いたかったのは、 皇太子夫妻の躾のことなのだと思います。 「叱らない教育」は間違いなのではないか、と。 もし愛子様に発達障害があるなら、 専門家の助言を受けて愛子様をお育てすべきだ、 そういう気持ちで書いているのでしょう。

竹田恒泰さんとの確執

ncn_2012_42_29300

デヴィ夫人は、竹田さんから皇太子夫妻に皇位を遠慮するよう書いたことに対し、 脅迫まがいの電話を貰ったと書いています。

女系天皇問題ならわかるのですが、 長子に問題があった場合、 次男が継いではいけないという決まりはないはずです。

デヴィ夫人は「好青年だと思っていただけに残念です」 と書いているだけなので、 二人は闘っている状態では無いようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-皇室と有名人
-, , , ,

Copyright© 皇室の話題 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.