【学習院】皇族はなぜ学習院に入学するのか・皇室と学習院の関係と学習院離れ

学習院の沿革

学習院は1847年に公家子弟の教育機関として、当初は京都に設立されました。

元々は京都御所の近くで開かれましたが、東京に遷都後1877年に華族学校学則が規定され、神田錦町で新たに開講されました。

1884年(明治17年)からは宮内省の管轄となり、官立校となりました。ですから、学習院は公家の子弟の学問所として設立されたものです。

1885(明治18年)、華族の子女の教育を目的として華族女学校が四谷に開校しました。この設立に大きく寄与された昭憲皇太后は赤坂御所にお住まいだったこともあり、頻繁に授業を参観されました。

余談ですが、以前テレビで学習院のOGの老婦人達が言っていましたが、皇族(宮家)の方々は自動車で、その他の華族の方達は歩いて通っていたということです。

華族の方は、お付きの人からよそ見をしないで歩くようになど、マナー面の注意を受けたと言っていました。

1947年以降、学習院は官立ではなく、私立学校になり、今に至っています。

皇族と学習院

このように元々学習院は公家の教育機関として開校されたもので、皇族・華族の子弟を陸海軍のリーダーや政治家に育てるのがその目的でした。

ですから、皇族や華族の方々は皆学習院に入ることになっていたのです。

学習院離れ?

悠仁様が学習院の幼稚園・初等科に入られなかったので、話題になりましたが、黒田清子さんは年少組だけ柿の木坂幼稚園に入園し、その後学習院幼稚園に入園しています。また、高円宮家の三女王は全員松濤幼稚園を卒園しています。

長女の承子様が留学後早稲田大学に入学されたのが、皇族とし初めて学習院以外の大学に入られたはじめということです。

また三女の絢子様は福祉に関心があったので、学習院大学には進学されず城西国際大学福祉総合学部に進学されて保育士と社会福祉士の資格を取得され、更に同大学の大学院にも進まれています。

秋篠宮家の佳子様についても、高校3年生の時に一度受験をしているということですから、ご自分が目指すものがあったのでしょう。

私ごとですが、ある大学の付属の高校に入学したにも拘わらず、3年間で飽きたり、もっと良い大学へ進みたい気持ちも出て来て、他大学を受験しました。ですから、幼稚園から大学まで同じ学校で周りのお友達も多くは同じと言う環境で過ごされてきた皇族の方々には感心してしまいます。

以上を見ていくと、戦後から段々と『皇族だから学習院』と言う考え方はなくなってきているのかもしれません。華族の方達は早くから学習院に拘らなくなり、東大にも多く入っているようです。

(ただ、私の知り合いは、親戚中で中学から学習院に入っているので、私だけ落ちるのは恥ずかしいと言うので、大変だなと思ったことがあります。彼女のご先祖は華族なのでしょうか?)

また、学習院自体が先に一般の人達も自由に入れるようにし、皇族、華族の方達だけの学びの場では無くなったことも大きいと思います。

これからは皇族の方も、幼稚園から大学まで、ご両親のお考えや自分で選んだ学校に行かれるようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク