【悠仁様いじめ問題】紀子さまが激怒で学校側に抗議?「悠仁君は話し方がヘン」

投稿日:2015年3月15日 更新日:

スポンサーリンク

 

悠仁様いじめ報道とは

お茶の水幼稚園からそのまま小学校へ上がられた悠仁様ですが、小学校へ上がられてからお一人でいることが多いということです。

お茶の水小学校の子達は男女とも活発な子が多い中、悠仁様はおっとりしたご性格であることから、自分からお友達に話しかけることが出来ないらしいということです。

先生方も心配されたのか、「ご学友」を作るべく、両親が教師をしているような子達にそれとなく、悠仁様と遊ぶように言ったようですが、まだ2年生の子供なので意味がよくわからず、あまり上手くいかなかったようです。

いじめと言っても暴力やクラス中から無視されるというようなことではないのですが、なんとなく「仲間外れ」になっているような状態だということです。

紀子様が学校側に抗議?

悠仁様のこのような状況は紀子様もご存知のようで、ある保護者会の時に、このクラスでは仲間外れやいじめがないか、またそれについて先生は対応して下さっているのかと質問されたことがあるとも聞きました。

その後も、紀子様は個人的に担任の先生に相談されていたそうですが、何度も「きちんと対応して下さい」と険しい表情で仰有っていた為、他の保護者が驚いたと言うことです。余程ご心配な面があるのでしょう。

特に「いじめ防止対策推進法」の中にいじめの具体的な例として、暴力やからかい等の他に『仲間外れ』も明記されているので、専門家の中には現在の悠仁様の状況は充分「いじめ」だとする人もいるのです。

紀子様がそのことを知って、先生に相談されたのではないと思いますが、どんな親も子供のことで心配なことがあれば担任に相談しますから、これから良い方向へ向かって行くことを祈りたいですね。

「悠仁君の話し方がヘン」

秋篠宮家では、お子さん達が小さな頃からきちんとしたご挨拶や言葉遣いを教えてこられました。5歳位の時から、悠仁様は「これは○○ですか」といった話し方が既に出来ていたのです。

しかし、学習院のように皇族が何人かいる学校と違い、普通の子達からすれば年齢よりしっかりした大人っぽい話し方は、ちょっと変わっていると捉えられてしまったようです。幼稚園から仲の良かった子もいると思うので、その子達とはどうなったのでしょうか?

悠仁さまご自身が仲間外れと感じて寂しい思いをされているのか、それとも学校へ行くのが嫌だというような状態ではないのか、そこが一番のポイントですが、紀子様が先生に相談されている所をみると、どうやら悠仁様もお友達が欲しいとおうちで話されたようですね。

もう1年程経てば、周りも悠仁様の言葉遣いに慣れて、仲の良いお友達が出来、楽しく過ごせることを祈て止みません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 皇室の話題 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.