皇太子さまと柏原芳恵の関係・皇太子妃となる可能性もあった?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-23-29-51
スポンサーリンク

アイドル柏原芳恵の存在


皇太子さまより5つ年下の元アイドル柏原芳恵さんは、大阪出身の方です。


15歳でデビューし、「春なのに」「ハロー・グッバイ」など数多くのヒット曲を出しています。


1980年後半ごろからは、歌手活動よりも女優業が目立ってきました。


現在は、自身で事務所を経営して歌手活動やミュージカルなど舞台に出ています。


いわゆる売れっ子スターという方です。


確認できる限りでは、婚姻歴はなくお一人のようで
すね。

皇太子さまとの接点

皇太子さまは、23歳から25歳までの2年間イギリスに留学していました。
その留学中の部屋には、“柏原芳恵さん”のポスターが貼られていたといわれています。
当時柏原芳恵さんは18歳で、若い女性を好む姿勢は一般男性ならだれでもあることと思います。
皇太子さまは、イギリスから帰国後、柏原芳恵さんのコンサートにも観覧に訪れていたそうです。
帰国した翌1986年にリサイタル「おんな飛翔」に皇太子さまは出席し、柏原芳恵さんに「プリンセス・サヤコ」というバラを贈り、話題を呼びました。
柏原芳恵さんは、お礼として皇太子さまにサイン入りの写真集を贈ったといわれています。

皇太子さまの行動に対して飛び交う憶測

皇太子さまが柏原さんに送ったバラは少し分けありのバラになります。
エリザベス女王が、紀宮清子内親王殿下(現 黒田清子さま)に送った特別品種のバラになり、東宮御所に咲いていました。
男性が女性にバラを贈る、このことに過剰に反応した人も少なくはありません。
仮に皇太子さまが柏原さまを好んでいたとしても、結婚にはいくつかのハードルがあります。
双方がいくら愛し合っていても、皇室会議で却下されれば結婚することはできませんし、宮内庁の候補リストにも影響してきます。
皇太子さまと結婚、皇室に入るということは、一般人の常識からは考えられないようなことが多々あるようです。
それによって2000年近く続く皇室の品格を保っているものと思われます。

スポンサーリンク