雅子さまは愛子さまを異常に溺愛している?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-23-29-51
スポンサーリンク

娘・愛子さまへの溺愛


2001年に雅子さまは長女・愛子さまをご出産されています。


2011年9月に愛子さま、雅子さまを巡って異様とも思えるような事件が発生しています。


2011年9月14日から16日まで愛子さまの通っていた学習院初等科は宿泊授業のために山梨県の山中湖に行きました。


通常授業の一環であるために付き添いは禁止ですが、雅子さまは愛子さまを追っかけて山中湖に行かれました。


もちろん一人ではなく、皇室の警察隊付きです。


愛子さま一行が山中湖につくと、そこにはすでに警察車両10台と警察員80名ぐらいいたと報じられています。


雅子さまは、愛子さまの授業にも同席されて、ホテルも同じホテルに泊まったといわれています。


雅子さまは、インペリアルスイーツ一泊12万円の部屋に宿泊されたそうです。


ホテルの一帯も警察隊が検問を行って、異様な雰囲気の中宿泊授業が行われました。


結果、3000万円近い費用がかかったのではないか、とされ世間の注目を集めました。

雅子さま病的な溺愛?

2010年4月27日デヴィ夫人のブログがまたしてもヒートアップしています。
雅子さまの愛子さまに対する病的な愛情ぶりを綴っています。
愛子さまが心配か学校についていったり、愛子さまだけ欠席が多かったりと目に余る事態が起きていました。
これは“愛”とも捉えられるかもしれませんが、雅子さま自身、適応障害の病人です。
公務ができない方が子育てもまともにできるのでしょうか?というのが一般的な意見のようです。
愛子さまを巻き込んで事態はより一層複雑になってきているのかもしれません。

異常な愛情の原因

一言で言うと「子離れができていない」雅子さまが原因で、愛子さまに悪影響があるのでは?と言われています。
また一部の報道では「愛子さまはマルファン症候群」だ、という方もいます。
宮内庁からは、愛子さまについて病を伝える報道はありませんが、雅子さまと愛子さまの行動からすると、マルファン症候群も否定できないと考えられます。

スポンサーリンク