雅子さまのご病気「適応障害」を治すには皇室を出るしかない?

スポンサーリンク

適応障害


適応障害は、ストレス障害ともいわれるほどストレスと大きく関係している病になります。


現在日本国内には程度の差はあれ、約400万人ほどの適応障害の方がいるといわれています。


適応障害が発症すると、精神が不安定になり、行動に落ち着きがなくなったり、感情の躁鬱が激しくなります。


適応障害は誰でも発症する可能性はあり、比較的身の回りの環境面において、困ったとき、大変な時に周囲からサポートを得られにくい場合に発症すると考えられています。


自分も適応障害かな?と思う方は、web上で簡単なセルフチェックも紹介されていますし、最寄りの精神科で診てもらうこともできます。


ちなみにうつ病と適応障害は症状は似ていますが、適応障害の方が治る可能性は高い病気になります。


雅子さまが適応障害になった原因


雅子さまは、36歳の時に第一子を身ごもり、流産しました。


その後、2001年に愛子さまを出産されていますが、適応障害の診断を受けたのは2004年になります。


適応障害の原因=ストレスの原因であることから、宮内庁は情報開示しにくい部分もあると思いますが、2003年12月に起きた事件も大きく影響しているようです。


2003年12月11日湯浅宮内庁長官は「皇室の将来を考えると3人目を強く希望したい」と発言されています。


これは雅子さまには世継ぎの誕生を期待できないから、紀子さまにお世継ぎ誕生を願おう、というようにとれる発言でした。


それから雅子さまは一切の行事に参加しなくなり、ベッドの上で過ごす日が続いたといわれています。


独身時代に日本や海外を飛び回り自由に過ごしてきた雅子さまにとって、皇室は窮屈なのかもしれません。

雅子さまは復活できる?

雅子さまは、10年以上適応障害を患い、心身ともに疲れていることと思います。
適応障害を直す近道は「環境を変えること」と精神科の先生は口をそろえて申しています。
つまり皇居からどこか別の場所でしばらく過ごすことが好ましいのでは、という声が多く寄せられています。
日本の品格である皇室と一人の女性としてみた人権、いったいどちらが大切なのでしょうか。

スポンサーリンク